恵比寿駅から徒歩5分の完全貸切りマッサージサロン。お子さま連れでも歓迎!

| あなたのお悩みを解決 健康コラム

| 2つの寒さが体を冷やす

中医学では、

1. 外寒(がいかん)
2. 内寒(ないかん)

寒さを2つに分けて考えています。

この2つが体を冷やし不調を招いていることが多くあります。

●外寒とは?

なんとなく漢字からもわかりますが、寒さの影響を外から受けて、体を冷やしてしまうことをいいます。

例えばこのような外からの影響です。

・冬の冷たい風・雨・雪で体が冷える。

○外寒による体に出る不調

・風邪
・関節の冷え・痛み
・手足の冷え

●内寒とは?

寒さで体内の機能が低下して、体が冷えてしまう状態を内寒といいます。

○内寒による体に出る不調

・腹痛や下痢
・食欲不振
・胃腸の働きが鈍る

に加え、

・胸の痛み
・動悸

などの心の症状に出る場合もあります。

今回は、外寒・内寒と2つに分けてお伝えしましたが、多くの冷えの症状の場合、この2つが組み合わさって不調が出ていることがほとんどです。

次回は、外寒・内寒の対策法をお伝えします。冬の寒さで、体の痛み・冷え・凝りが出ている方は体を温めるマッサージがおすすめです。是非、ボディプラス恵比寿のタイ式マッサージをお試しください。

メールでのお問い合わせ 電話予約

メールでのお問い合わせ