恵比寿駅から徒歩5分の完全貸切りマッサージサロン。お子さま連れでも歓迎!

| あなたのお悩みを解決 健康コラム

| 入浴前後は温かい飲み物とマッサージ

前々回に、寒さ(冷え)には2種類あるとお伝えしました。

1.体の内側(内蔵機能の低下)から冷える「内寒(ないかん)」
2.体の外側から寒さの影響を受ける「外寒(がいかん)」

今回は、外側から体を温める方法をお伝えします。

■入浴前の一杯が体を芯まで温める。

入浴前に一杯?お酒でしょうか?いいえ、お酒ではなく「温かい飲み物」です。

入浴前に温かい飲み物を飲んでから入ることで、体の中からも温めることができます。

こう考えるとわかりやすいと思います。

体の外から温める → お風呂で温める

体の中から温める → 温かい飲み物

となります。

■入浴剤は炭酸ガス系のものがおすすめです。

炭酸ガスが皮膚から浸透し、血管を広げて血流を増加してくれます。入浴剤には、血行促進。発汗作用、保温効果などが期待できます。

■お風呂に浸かっている間は「ふくらはぎマッサージ」で疲労回復

ふくらはぎは「第2の心臓」と呼ばれています。

ふくらはぎの筋肉が動くことで血液を押し出し、全身の血流を助けています。そのふくらはぎをマッサージしてあげることで、血行促進・疲労回復・むくみの改善を早めてくれます。マッサージのポイントは足先から心臓に向かって上がっていきましょう。

心臓に血液を戻すイメージです。

シャワーで済ましている方は、体が冷えやすい傾向にあるのでお風呂に入る頻度を少しずつ増やしてみてはいかがでしょうか?ボディプラス恵比寿でもマッサージ・ストレッチのやり方などのアドバイスも行っております。お風呂に入っても疲れがとれない方は、当店のタイ式マッサージをお試しください。

メールでのお問い合わせ 電話予約

メールでのお問い合わせ