恵比寿駅から徒歩5分の完全貸切りマッサージサロン。お子さま連れでも歓迎!

| あなたのお悩みを解決 健康コラム

| 疲れを持ち越さない3つの習慣

このようなことが毎日のように続いている方は、疲れを翌日に持ち越しています。


☑ 朝起きても疲れがとれない
☑ 朝起きるのがつらい
☑ 夢をよく見る


ボディプラス恵比寿のお客様でもマッサージ中に、睡眠のお悩みをお話される方が少なくありません。


●質と適度な時間の睡眠をとることで疲れをリセット


・質とは睡眠の深さになります。
寝起きがスッキリ起きられる方は上手に睡眠をとれた証拠といえます。

・適度な時間
きまった時間に就寝して、6~7時間が理想的です。

この2つが欠けると翌日まで疲れを持ち越しやすくなります。


●疲れを持ち越さない3つの習慣


1.寝る前にテレビ・スマホなどは見ない。

ボディプラス恵比寿のお客様でも多いのが寝るまでスマホやタブレットを見ている。とういう方です。寝る前の光を出す電子機器は光によって意識を覚醒させてしまい、睡眠に入るタイミングを阻害します。いきなり見るのをやめるのは難しいという方は、見る時間を減らすなどして徐々に見るのをやめていきましょう。

2.シャワーではなくお風呂に入る。

体を温めることで血流とリンパの流れが良くなります。疲労回復・体の凝りに大きく役立つわけですが、副交感神経が優位のなりリラックス効果が期待できます。

3.マッサージ・ストレッチで血流を促進

老廃物や疲労物質を体に停滞させないことで、疲労回復が早まります。
入浴中、入浴後などに自分で凝りを感じている筋肉をマッサージしたり・伸ばしたりしましょう。自分でできない場合は、マッサージ店や整体院で人の手を借りるのも1つの手段になります。

このような調査データがあります。

どのような疲労対策をしていますか?という調査の回答ベスト3!

1. 睡眠を十分にとる
2. お風呂に入る
3. マッサージや整体に行く


あなたはどのような疲労対策をしていますか?何もしていないという方は今日から1つでよいですので、試してみてください。

翌日の疲れが取れやすくなりますよ。


メールでのお問い合わせ 電話予約

メールでのお問い合わせ