恵比寿駅から徒歩5分の完全貸切りマッサージサロン。お子さま連れでも歓迎!

| あなたのお悩みを解決 健康コラム

| マッサージの効果を持続させる水分補給の方法

マッサージの効果を持続する水分補給

前回は、マッサージ後は、筋肉のこわばりもとれ、停滞していた疲労物質も動き出します。その動き出した疲労物質を洗い流してくれるのが水分補給です。とお伝えしました。

今回は、マッサージの効果を持続させる水分補給の方法をご紹介します。

ボディプラス恵比寿のお客様もマッサージ後は、体も気持ちもスッキリして帰宅されますが、このスッキリ感をできるだけ持続したいものです。

お客様に水分補給のお話をすると、こんな質問を受けることがあります。

水分補給って
「ジュースでもいいんですか?」
「冷たい飲み物が好きなんですが。」
「ビールはどうですか?」


水分補給といっても色々な水分がありますので、このような質問がでるのもわかります。ただし、お酒は水分補給にはなりませんので気をつけてください。

●水分補給は「体を冷やさない」ように!

マッサージ後というのは、血液・リンパの流れもよくなり、体が温まっています。

ポイントは「体を冷やさない」ことです。冷たい飲み物が胃に入ると、内臓が冷えます。内臓が冷えることで、機能が低下して全身の血流・リンパの流れに影響します。ですので、冷えている飲み物は避けて「温かい飲み物」をとりましょう。

●ボディプラス恵比寿のおすすめは「白湯」です。

一番手軽なのが、「白湯(お湯)」です。(あつあつではなく、50~60℃くらい)胃が温まるのを実感できるかと思います。生姜を入れて生姜湯などにするとさらにグッドです。

飲み方は、一口の量は少なめで良いですので、1日を通して細目に飲みましょう。

リンパ液の流れは、体を1周するのに12~24時間とゆっくりなため1度に多くとるより、細目にとったほうが体にも吸収されやすいです。

タンブラーやケイタイマグに入れておくといつでも飲めますね。是非、マッサージ後以外にも日常で取り入れてみてください。ボディプラス恵比寿でもマッサージ後に温かいハーブティーをお出ししてお客様に喜ばれています。

メールでのお問い合わせ 電話予約

メールでのお問い合わせ