恵比寿駅から徒歩5分の完全貸切りマッサージサロン。お子さま連れでも歓迎!

| あなたのお悩みを解決 健康コラム

| 梅雨に食べたい食材

恵比寿・広尾のタイ式マッサージ店ボディプラス恵比寿の綿引です。

前回は、梅雨に効果的な3つの生活習慣をお伝えしました。

おさらいしますと、

1.汗を出す
2.水分の摂り過ぎ・お酒の飲み過ぎない
3.身体を冷やさない

これらは、体の血液・リンパの流れを促進して体を温めてく習慣になります。この習慣にプラスして意識していただきたいのが食事の習慣になります。
ジメジメと暑い日が続くとついつい冷たい飲み物やさっぱりした物を食べたくなります。しかし、暑いからといって体を冷やすような食生活が続くと体調不良を起こしやすくなります。


●体を冷やす食習慣が胃腸の働きを悪くする


梅雨の時期は、体を冷やすと湿気が体の中に溜まりやすくなり、体の重さ・だるさに始まり胃腸の調子も悪くなります。このような症状がある方は、体が冷えて胃腸の働きが鈍くなっているかもしれません。

・食欲不振
・消化不良
・下痢
・胃の重苦しさ
・むくみ

いかがでしょうか?


●梅雨に食べたい食材 タイプ別


・エアコンや天候で調子が悪い方は・・

しょうが・ネギ・さんしょう

湿気は汗腺をふさぎ汗を出にくくします。汗腺の開きを良くして、汗を出させてくれます。発汗作用ですね。

・むくみ体質や食の不摂生の方は、

長いも・かぼちゃ・ナツメ

水分代謝の悪い方は、湿気を体に溜めやすく胃腸に影響が出て食欲不振を起こしやすいです。そのため、胃腸機能を高めてくれる食材や利尿作用のあるあずき・そら豆・大豆など体の余分な湿度・水分を出してくれる食材を摂りましょう。

普段の食事に発汗作用・利尿作用のある食材をプラスして、ジメジメ梅雨を乗り切りましょう。

メールでのお問い合わせ 電話予約

メールでのお問い合わせ