恵比寿駅から徒歩5分の完全貸切りマッサージサロン。お子さま連れでも歓迎!

| あなたのお悩みを解決 健康コラム

| 中腰は注意!腰にやさしい物の持ち上げ方

中腰が腰に負担がかかるのは、みなさんもご存じかと思います。

ぎっくり腰の原因になったりもしますね。日常で床にあるものを持ち上げる時、このような姿勢で行っていませんか?

・ひざをまっすぐ伸ばしたままで、腰を曲げてものを持ち上げている。

こんな姿勢で持ち上げている場合、腰に負担が集中している可能性が高いです。人間がものを持ち上げる時に必要な力は大きく分けると2つあります。

「上体を起こす力」と「ものを持ち上げる力」になります。

ひざをまっすぐ伸ばしたまま、腰を曲げて持ちげる場合、上記の2つの力を使おうとして体は無意識のうちに反動をつけて持ち上げようとします。その反動が腰に大きな負担をかけてしまいます。要は、腰に頼った持ち上げ方になっているということです。


●下半身を使って、持ち上げましょう。


それでは、どのようにしたら負担が少なくものを持ち上げられるのでしょうか?

1.まずは、ひざを曲げて腰を落とした状態にします。

2.持ち上げるものを体の正面に寄せます。

3.持ち上げる時は、太もも・腰・腕の筋肉を使う意識をします。

運ぶ時も、ものは体から離さないように運びます。

このように下半身・腕の力を使うことでぎっくり腰予防はもちろんのこと、腰の負担を大きく減らすことができます。ポイントは、床に置いてある軽いものでもしっかりひざを曲げてとることです。

そうすることで、ひざを曲げて取る習慣ができます。しかし、いくら正しい姿勢で持ち上げようとしても、重すぎるものはカートや台車などを使いましょう。

メールでのお問い合わせ 電話予約

メールでのお問い合わせ