恵比寿駅から徒歩5分の完全貸切りマッサージサロン。お子さま連れでも歓迎!

| あなたのお悩みを解決 健康コラム

| 腰痛は日常の動作から改善 主婦編

腰痛の80%が原因がわからないという話があるくらい、色々な要因で痛みが出ていることほとんどです。その中でも、日常の悪い動作から疲労し、痛みに変わっていることがあります。

例えば、

・台所での姿勢
・洗濯物を干す時
・座って行う時の姿勢

など、毎日行う動作の中に痛みの原因が隠れていたりします。習慣や無意識に行っていることが多いため気が付きにくいのが日常の動作です。


●台所の高さは大丈夫ですか?


台所でやることといえば主に料理・洗い物になりますが、ポイントになるのは台所の高さです。高すぎたり・低すぎたりする場合は調節が必要になります。

高すぎる場合は、台などを置いて高さの調節をしましょう。

低すぎる場合は、イスに座るなどすると腰への負担が減ります。

台所の作業は猫背になりやすい姿勢になりますので、台所が体に合っていないとそれだけで腰や肩に負担がかかり痛みの元を作ることになります。

長時間の台所作業は片足を台などの上に置くことで、負担を分散できます。その場合、同じ脚を上に置くのではなく左右を替えながらするとよいです。


●ひざを伸ばしたまま洗濯物をとっていませんか? 干す時編


腰だけを曲げて下のものをとるのは腰にとても負担がかかります。(前屈の状態)しかも、洗濯物を干すときは何回もとって干してを繰り返すため腰に負担がかかることが多いです。洗濯かごなどの高さを上げて腰を曲げないような姿勢ができないか工夫してみましょう。

毎日行う動作は、日常の忙しさに追われて意識しにくいのが特徴です。しかし、疲れが蓄積しやすい動作でもありますので、まずはご自身がどんな動作で作業を行っているか意識してみるところから始めてみましょう。

メールでのお問い合わせ 電話予約

メールでのお問い合わせ