恵比寿駅から徒歩5分の完全貸切りマッサージサロン。お子さま連れでも歓迎!

| あなたのお悩みを解決 健康コラム

| 腱鞘炎は女性に多い

手や指を動かすとこわばりや痛みが出る腱鞘炎(けんしょうえん)ですが、ご自身が発症した経験がある方はもちろん、一度は聞いたことがある名前かと思います。
ボディプラス恵比寿の綿引もマッサージを始めた頃に痛い経験をしているので他人事とは思えません。


●腱鞘って何?


そもそも腱鞘とは、筋肉と骨をつないでいる腱(けん)を収める、鞘(さや)のことを指します。(時代劇などで使われる日本刀の刀と鞘(刀を収める入れ物)のイメージになります。)
その鞘がないと腱がうまく動かず指も動きません。


●手を酷使するとなりやすい


お仕事柄、手・指を使う作業が多い方などは腱と腱鞘が休みなくこすれ、炎症を起こし慢性化しやすくなります。腱鞘が腫れるように厚くふくらんでしまい、中の腱を圧迫するため、指の動きが悪くなり痛みが出てきます。

さらに症状が進むと指がカクンと曲がったり、曲がったまま戻らない「ばね指」という状態になることもあります。


●女性に多い腱鞘炎。手を使いすぎなくてもなる?


腱鞘炎を発症する多くが女性の方に多く、手を酷使していなくて発症するケースがあります。年代では、妊娠・出産期・更年期などホルモンバランスの変化で腱鞘がむくみやすくなり炎症を起こすこともあります。


●指1本痛いくらいでと軽くみない


毎日、何かしらで手や指は使います。一度、発症するとなかなか治りづらいのが腱鞘炎です。

その理由は、普段からよく使う手や指ですので、使いながら治すことになります。そのため炎症をぶり返しやすくなります。マッサージなども炎症が起きているため、不向きになります。

最悪の場合は手術になることもありますので、手や指の違和感・痛みがある場合は専門医に診てもらうことをお勧めします。

メールでのお問い合わせ 電話予約

メールでのお問い合わせ