恵比寿駅から徒歩5分の完全貸切りマッサージサロン。お子さま連れでも歓迎!

| あなたのお悩みを解決 健康コラム

| 口臭は健康のバロメーター

痛みは体からのサインです。

「頑張り過ぎですよ。」
「休んでください。」 など

これ以上、体が悪い方向へ行かないように教えてくれているわけですが、体は色々なサインを出しています。

今回は「口臭」です。

エチケットとして、気をつけていらっしゃる方も多いかと思います。

口臭というと、ニンニクなどニオイの強いものを食べた後、胃が悪いから?などが考えがちですが、口臭の90%が口の中にあります。

●口臭の3つの原因

1.唾液不足

唾液は、口の中の汚れを洗い流してくれる役目があり、ニオイを出す菌を抑えてくれます。
ストレスや薬の副作用で唾液が減少すると口臭が強くなります。

2.舌苔(ぜったい)

舌の上に溜まる苔になりますが、ニオイを出す菌の巣になりやすいです。
舌苔が多い人ほど口臭が強くなりやすい。

3.歯周病

歯の根元に菌が溜まり、炎症を起こしてしまう。
この菌が口臭の原因に。

人間の口の中には、細菌が500種類以上います。
その中に、口臭の原因になるニオイを出す細菌もいます。

●口臭も時間帯で変化する。

口臭が一番強い時間帯は朝の寝起きになります。
これは、睡眠中に唾液量が減り細菌が増えるためです。

●食事をすると口臭は減る。

食事をすると唾液の分泌量が増えるため細菌が抑えられます。

●自分の口臭はわかりずらい

人間の臭覚は同じニオイをかいでいると慣れてきてしまいわかりずらくなります。口臭が気になって仕方がない方は、口臭外来などでチェックをしてもらえるそうなので受診するとよいです。

●自分でできる口臭チェック法

1.舌苔をチェック

舌の苔は奥に溜まりやすいので、舌を思いっきり出し鏡でチェックしましょう。
舌苔をとるものも市販で売っていますので、舌の掃除をしましょう。

2.歯周病チェック

歯茎の色をチェックしましょう。特に歯の根元が赤色や出血している場合は歯科へ行きましょう。
正常な歯茎はピンク色をしています。

3.ストレスチェック

ストレスは唾液の分泌量が減ります。
ストレスの多い生活になっていないか見直してみましょう。

なかなか指摘してもらえないのが、口臭です。舌の掃除だけでも心がけると口臭が軽減しますので、歯磨きのついでにでも行うと良いでしょう。

メールでのお問い合わせ 電話予約

メールでのお問い合わせ